若者たちの叫び

日曜日の夕方

高崎駅に集まってくださったのは
4人の若者、4人の市民、親子3人、
夫1人、友人1人、国民民主党の方1人の
計14人でした。

私たちは平和を愛する!を順番に訴えました。

最後に私がマイクを持った時

「目の前を通り過ぎる若者の
未来が平和であってほしい」

「みんな、みんな、
愛してる!」

「みんなが幸せで ずっと
平和であるために なんとかしたい!」

という感情が込み上げてきて

涙が止まらなくなりました。

私1人の力は無力かもしれないし

残り1ヶ月なのに
私の声はまだ
あまりにも小さいです。

でも
日本の平和を

あきらめたくないから、、、。

どうかどうか
みなさん

助けてください。

この14人の勇者からはじまる
平和の拡大。

あと1ヶ月弱

どんどん増やしていって

7月14日14時には
高崎駅西口を1000人で埋め尽くしたい。

みなさんの力を
貸していただけないでしょうか。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。