12月末、群馬県の昭和村で議員選挙に欠員が出ているということを、
たまたまリモコンの押しボタンを間違えてつけた群馬テレビニュースで知りました。
なかなか地方議員に、なり手がないのを知り、
ふるさと群馬で私のような政治がはじめての人間でもお役に立てないかな、と思いました。

初めてで、無所属ででるのも不安なので、ネットに出ていた立憲民主党の地方議員公募はどうだろうか?
とその夜、夫にその気持ちを分かち合うと、次の日に夫は勝手に立憲民主党群馬県連に話しを聞きに行ってくれました。
そこからは、立憲民主党の皆さんの社会をよりよくしたいという情熱に引き込まれていきました。
市町村議員から勉強させてもらおうと門を叩いてからまだ1ヶ月。私は奇跡の中にいます。

2019年夏の参院選群馬選挙区から立候補します。
自民党王国群馬からはやめた方がいいと、心配した友人たちが言ってくれました。
しかし、あえて私は群馬から出たいと思います。
群馬が変われば日本が変わると思いますし、何より群馬を愛してやまないからです。

https://cdp-japan.jp/news/20190201_1295?fbclid=IwAR1wE0c6HGIVcSnRHNPediRyO1k7LmFSEkyIlbQqX-Io85aScwzLVwxN7Ec