昨年7月の参議院議員選挙で落選後
長く思えた混迷時期と自粛期間を経て
いよいよ本格的に活動再開です。
たくさんの誹謗中傷、デマの流布、発言や行動を切り取っての私への否定的な圧力、生き残るために私の足を引っ張る裏の力、、、etc…
政治とはこんなに理不尽なのか、政治活動を続けるためには踏みつけられても我慢しなければならないのか、と悔しい気持ちを感じながら、
歯を食いしばって不徳の致すところと
黙って耐えた時期もあり、逆に
不正や不誠実を明らかにし事実を解明するために動いた時期もありました。
約一年を経て、私は、それらネガティブな力だけでなく、多くの励まし、応援、承認、などのポジティブな反応をいただくことが、日に日に増えるのを感じております。
活動を続けるのか、消えてしまうのかも流動的だった私への、変わらぬご支援とご期待に鼓舞され
力づけられ、
この度、ますますパワーアップした斉藤あつこが
帰ってまいりました。
後援会へいただきました一般支援者の方々からのご寄付を使わせていただき、先日、街頭宣伝用の大きな拡声器、マイク、を購入することが出来ました。名刺と数枚のポスターも出来ました。
ありがとうございます。
この土日は、まずは地元前橋市の街角から
ソーシャルディスタンスをとり
手作りシールドマスクを着用しながら
街宣をスタートしています。
斉藤あつこを街角で発見したら是非
お声がけください。無所属でたった一人、
縦横無尽に群馬を走り
辻にて演説をさせていただきます。
皆様の温かいご支援、ご期待に
心から感謝申し上げます。
“苦しみやつらさにこそ寄り添う政治”が
今、ますます求められていると実感します。
声を上げ続け、市民のいのちと暮らしを守るために前進します。
感謝と気迫を込めて、
2020年6月28日
斉藤あつこ